公立病院と民間病院の給与額の差

公務員は安定している、というのは多くの人がイメージすることでしょう。
医師という職業であってもそうなのでしょうか。

医師の場合、公立病院に勤めることで地方公務員となることができます。
調査団体にもよりますが、公立病院に努める医師の平均年収は1,500万円から1,700万円程度とされています。
あくまでも平均の額であるため年齢や役職等によって上下するものの、しかし、公立病院は基本潰れることなく、経営状況に左右されずに運営され続けると考えれば、やはり安定感は得られるのかもしれません。



一方、民間病院ですが、こちらは1,600万円から、多いところだと平均で2,000万円の年収額となるという調査結果も出ています。
単純に比較すれば、公立病院よりも多くの収入を得ていることになり、この額だけで考えると民間病院に勤める方が多くの収入を得られると言えるでしょう。

ただし、民間病院は経営状況によっては閉鎖せざるを得ず、実際に経営が行き詰まり潰れていく病院も少なくありません。
そうした点はデメリットとなりますが、平均の年収額を見る限りは民間病院にもメリットは多々ありそうです。

医師求人だけを見てみると、公立病院からの提示給与額は非常に高く、民間病院の給与額はそれを下回ることも少なくありません。
しかし、実態は上で紹介した通り。
収入に関しては医療施設によってかなりの格差があるため、医師求人をよくチェックするとともに、また、そこに掲載された額を本当に受け取れるのかもリサーチした上で応募するようにしてください。

まとめると…?

  公立病院は民間病院に比べ、年収は低いが潰れることが無いので職を失うリスクがなく収入を得られる。
  民間病院は公立病院に比べ、経営悪化による病院が潰れるリスクはあるが年収が高い。

  民間病院に勤める医師の方が年収が高い理由

公立病院よりも民間病院に勤める医師の方が収入の平均額が高いわけですが、なぜこのような現象が生じるのでしょうか。
一つ考えられるのは、上でも少し触れた経営状況が関係していると考えられます。

自治体が運営する病院は赤字運営のところがほとんどであり、赤字分を税金で賄っている状態が続いています。
税金を投入していることを考えれば安易に給与額を上げることができないという結論に至るのは自然なことなのでしょう。
地方公務員の場合、特殊勤務手当(医師手当)なども別途支給されますが、これも月に数万円程度と微々たるものであり、また、原則副業は禁止となっているため、掛け持ちが可能な民間病院で働く医師のような収入を得ることは簡単では無いのです。

公立病院に地方公務員として勤めれば、確かに安定はしているのかもしれません。
しかし、それは決して経営が安定しているとは言えないため、実力によって収入額が変わる民間病院に魅力を感じたとしても不思議なことでは無いでしょう。
単純に給与の金額だけではなく、自らの能力、キャリア、そして価値観等とも向き合いながら、最終的に転職先を決める必要が出てきそうです。