勤務時間に関する公立病院と民間病院の違い

医師にとって重要なのは、そのスキルや知識を駆使して患者を救うことである。
これは明白です。

しかし、医師も1人の人間としてプライベートを充実させたり、より医療スキルを発揮するために休息が必要であると考えるのも自然なことでしょう。
医師が転職先を選ぶ際に重要視する要素に、勤務時間があるはずです。
これによって体力や集中力、患者との向き合い方や診療の正確さなどが変わると考えれば、できるだけそれらの維持が可能な職場を選択することを優先するのは、これも当たり前のこと。

公立病院と民間病院のどちらの方が、より勤務時間にゆとりがあるのか、非常に気になるところでしょう。
一つ前提として押さえておきたいことは、必ずしもこの両者を二分することはできないという点。
特に民間病院に関しては格差が大きく、一緒くたにして考えることはできません。

それを踏まえた上でですが、公立病院の方が、より勤務時間がきっちりと決められている傾向があります。
残業も少なく、あらかじめ決められた時間を勤務することを重視する形になっているのが公立病院の特徴です。

しかし、公立病院で働く医師は、当直やオンコールを避けることがほぼできません。
救患が来れば対応する必要があるため、日勤のみで勤めるのは難しいでしょう。

民間病院であれば日勤のみの勤務を選ぶことも可能であり、勤務時間に関する選択肢は公立病院よりもずっと広がる可能性があります。

まとめると…?

  公立病院は残業がなく、勤務時間が決められている事が多いが、当直やオンコールでの急患の対応は避ける事が出来ない。
  民間病院は職場の体制や科目によっての格差が大きく勤務時間も一概には言えないが、色々な民間病院がある分、自分の希望に合わせて勤務時間を選択する事も可能。

  公立病院に勤めた方が休暇が取りやすいのか

勤務時間に続いて、休暇に関する公立病院と民間病院の違いについて見てみましょう。
これも上で述べたように、特に民間病院はそれぞれ体制も考え方も異なるため、それを頭に入れながら考える必要があります。
医師求人を探す時にしっかりとチェックし、病院ごとの特徴を掴むことを忘れてはいけません。



大まかに言えば、公立病院の方が夏季休暇や有給休暇を含めた休暇を取りやすい状況にあるはずです。
実際、民間企業に勤める人よりも公務員の方が有給休暇を取る人や日数が多いという報告があり、これは医師に関しても同様の傾向があるようです。
夏季休暇のみならず年末年始等の休みも勤務時間と同じようにあらかじめしっかりと決まっているため、このあたりはやはり公務員である公立病院に勤める医師の方が有利なのかもしれません。

民間病院の中には休みをとりづらい空気の漂う施設も少なくなく、そうしたところを選んでしまえば、有給休暇を消化できずに働き続ける羽目になるため、十分に注意しながら転職先を選別していきましょう。